もやもやずぶちゃん

ずぶの学校のやかましみさきです。絵や文、俳句、ぬいぐるみの創作、人形劇、手作り作品のお店、表現の家を開いています。ワークショップ、オーダーメイド受付中。おたよりください。info@zubunogakkou.com

ずぶの学校のやかましみさきです。

絵や文、ぬいぐるみの創作、人形劇をしながら

手作り作品、落とし物のお店、表現の家を開いています。

ワークショップ、オーダーメイドも受付中!

おたより待ってます。

info@zubunogakkou.com

吉井和哉

始祖の地へお参り

今年の8月25日に和歌山県みなべ町で開催した「山の寺子屋」 note.mu このイベントに関わった方々との不思議なつながりから、私は自分のご先祖様に出遇うことになりました。 2019年7月 ひろみさん(「山の寺子屋」主催のさくらまみさんの同級生)より…

ことばの身体性を求めて

いつのまにか6月になり、人形劇が終わるやいなや梅雨入りし やかましは即興楽団UDje( )(うじゃ)のフリーペーパー「うじゃーなる」の編集に関わらせてもらっていました。ついに祝発行っ♪♪ そんななか 2016年の再結成から毎年恒例になってきたTHE YELLO…

第10回本の会に参加して ~テーマ「食とその周辺」~

赤坂憲雄『性食考』 愛が空中で獲物を狙うハゲタカなら防ぎようないねそれじゃ何をわかちあおうか… (THE YELLOW MONKEY「聖なる海とサンシャイン」) この曲を聴きながら、中勘助の「犬」という小説を読んでいて、愛するということが相手を殺し、食べ、自分…

すぐ遊ぶ

小学三年生ごろの、ちびずぶ作「詩だよ」です。 (ためて母の日にあげるわけだね、注は母) 都会から郊外のベッドタウン(その辺に一棟しかないマンション)に引っ越しして 一人部屋をもらって アウトサイダーになってアイデンティティが芽生えて (市から町…

性とお金、死について②

ずぶの学校の隣りに住む祖母に フリーペーパーずぶぬれの年会費3000円を請求する。 (有志の購読会員制です) 「あんた、これなんのメリットがあんの?」と言われる。 (ちょいちょいずぶの経営のしかたにもの申す祖母) (メリット…?) でもちゃんと支…

性とお金、死について①

二十代までの私がタブー視してきたのは「性」と「お金」でした。 タブー視というか「悪」「汚いもの」として 偽善的に(自分と切り離して)嫌悪してきたものです。 それをできるだけ遠ざけて 自分が神聖な存在であるかのように思いこんでいたかも。幼い。 で…