もやもやずぶちゃん

ずぶの学校のやかましみさきです。絵や文、俳句、ぬいぐるみの創作、人形劇、手作り作品のお店をしています。ワークショップ、オーダーメイド受付中。おたよりください。info@zubunogakkou.com

ずぶの学校のやかましみさきです。

絵や文、ぬいぐるみの創作、人形劇、手作り作品のお店、

表現の家(ライブハウス)をしています。

ワークショップ、オーダーメイドも受付中!

おたより待ってます。

info@zubunogakkou.com

フリーペーパーずぶぬれ

ずぶぬれ vol.7 アンチ☆テンプレートパレード

ずぶぬれ vol.7 表紙 よだんのよだん(巻末コラム) ▽ついにパレードの夢叶いました。黒澤明氏の「夢」という映画は、夏目漱石の「夢十夜」風に夢の短編オムニバス形式の映画なのですが、そのひとつに水車のある村の夢があります。そこで繰り広げられる村人…

ずぶぬれ vol.6 快晴元年 夏

よだんのよだん(巻末コラム) 呼吸困難の日々に酸素を注入する方法として、いくつかの経済的な療法をご紹介したいと思います。(効果には個人差があります) まずいちばんメジャーなのが「檸檬療法」(レモン・その他の果物を触る、においをかぐ、想像する…

やかましいまえがき

やかまし村の種まき祭ちらし こにしさん作 ―私が七歳まで生まれ育ったここ、淡路でこんなことになろうとは― やかましいまえがき 長年住んでいたおじいさんが亡くなり、この家が空き家になったと祖母から聞いたのは、2016年の春でした。祖母は私が生まれ…

ずぶぬれのメリット

26日木曜日、ずぶ邸オープンの日。 小さなお子を二人連れて友達が来てくれました。 ずぶぬれvol.5に寄稿していただいた、中学の同級生あやさん(あぽやん)です。 大学に入ってからも、仕事を始めてからも 小旅行に行ったりしていました。 お子が生れる前…

性とお金、死について②

ずぶの学校の隣りに住む祖母に フリーペーパーずぶぬれの年会費3000円を請求する。 (有志の購読会員制です) 「あんた、これなんのメリットがあんの?」と言われる。 (ちょいちょいずぶの経営のしかたにもの申す祖母) (メリット…?) でもちゃんと支…

ずぶぬれ vol.5 不自由の賜物(たまもの)

ずぶぬれ vol.5 表紙 よだんのよだん(巻末コラム) この春、5、6年前からやりたいと思いつづけてきたことを本格的にはじめようと思います。ずぶの学校は当初、学校でやっていることの延長で「作文教室」「国語教室」としてオープンしたのですが、やってい…

ずぶぬれ vol.4 ばかにされ上手

ずぶぬれ vol.4 表紙 よだんのよだん(巻末コラム) 11月にずぶの学校の新校舎「旧ずぶ邸」で日曜学校を開催しました。ずぶぬれ1号の「よだんのよだん」で書いた、私があこがれる「シルバニア村の日曜学校」がついに現実のものとなってきた! 先生も神父も…

ずぶぬれ vol.3 トキとバーイに酔って

ずぶぬれ vol.3 表紙 よだんのよだん(巻末コラム) 「うじゃ」という習い事を始めました。 体や声、太鼓を使って、その時その場でそこにいるひとと音楽・ダンスを通してコミュニケーションをとる即興楽団UDje()(うじゃ) ensembbbu.exblog.jp はじめてワー…

ずぶぬれ vol.2 トラブルメーカーの人権宣言

ずぶぬれ vol.2 表紙 よだんのよだん(巻末コラム) 「トラブルメーカー」といえば、相川七瀬以来の懐かしい響きだったのですが、このタイトルの作文で、私に強烈なインパクトを与えたのが、ずぶの学校第一の生徒である宇希さん(4頁に登場)でした。 それ…

ずぶの学校新聞 no.22

~ずぶのしろうとであること2 文学フリマ編~ 授業中「恋と愛の違いって何?」 と生徒に聞かれ、とっさに 「アマチュアとプロみたいなもんちゃう?」 と口走ったのは、ずっと「ずぶ」について考えていたからだった。お得意のこじつけでいえば、確かにそうと…

ずぶの学校新聞 no.21

~ずぶのしろうとであるということ 1 学芸会編~ ずぶの学校の「ずぶの」ということばは、 お察しの通り「ずぶのしろうと」からとっている。 『日本語俗語辞書』(zokugo-dict.com)によると、 ずぶの素人の「ずぶ」とは「全く」「まるっきり」といった意味…

ずぶぬれ vol.1 異端でいたくもありつつ 

ずぶぬれ vol.1 表紙 よだんのよだん(巻末コラム) おもちゃのシルバニアファミリーが昔から好きなんですが、最近その原作である物語を読みました。すると、どうでしょう。きな臭くなったイギリスから新大陸アメリカへ、はるばる海を越えて(その船の名がシ…

ずぶの学校新聞 no.20

~教室(まち)の温度をあげる「余談」~ ついに今月、ずぶの学校のフリーペーパー「ずぶぬれ」を刊行します。 「まちのおとぼけ余談集」と銘打って、まちのひとに思い思いの四方山話をしていただこうと考えています。四方山話といっても、あたりさわりのな…